川口市議会議員

 せきぐち 京子


携帯電話でも
ご覧頂けます
 
 
 

ごあいさつ

〜 市政に新風を! 市民やさしさを! 〜

このたびの平成28年熊本地震に際して、被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。
川口市に於きましても、災害への備え、危機管理の重要度が増しております。
これからも市民 を守れる議員を目指して参る決意でございます。
何卒皆さまの力強いご支援を宜しくお願い申し上げます。

関口京子 トップページ   |   最近の活動報告です    |   活動報告バックナンバー

    プロフィール

昭和27年 青森県弘前市生まれ
昭和37年から川□市在住 (川□市立芝小・芝中卒)

昭和45年 埼玉県立蕨高校卒

家族:長男・次男・母の4人家族

川口市議会 好きな言葉
  ・平成15年市議会議員初当選   ・正義  誠実
  ・福祉環境常任委員会委員長  
  ・議院運営委員会副委員長  

    政 策

女性の視点で思いやりの街づくり
子ども医療費 (通院分)の中学3年生までの無料化
● 待機児童解消の為の保育所の増設 災害(地震 ・ゲリラ豪雨等)に強い街づくり
● 市内交通網の充実(ミニバスの導入) 議会改革の推進
● 市民の健康づくりの推進  

 

    最近の活動報告                活動報告バックナンバーはこちら

2017年6月1日
3月川口市議会定例会 市長の所信と報告(抜粋)
平成29年3月定例市議会の開会日に、市長より市政に対する所信と報告がありましたので抜粋を下記に掲載させて頂きます。

はじめに、「3大プロジェクト」についてであります。
新庁舎建設につきましては、先日、基本設計がまとまりその内容を公表いたしました。
1期棟については、平成30年1月の工事着工に向け、現在、実施設計を進めているところであります。
川口市立高等学校につきましては、現在、校舎棟5階部分の工事を行なっており、本年12月の校舎棟完成に向け建設工事を進めるとともに、平成30年4月の開校に向け、学習支援員の配置など学力向上のための支援策に取り組んでおります。
(仮称)川口市火葬施設につきましては、本年12月の建物完成に向け建設工事の進捗に万全を期するとともに、平成30年4月の開設に係る諸準備に取り組んでいるところであります。
(仮称)赤山歴史自然公園につきましては、平成30年2月の建物完成に向け、(仮称)歴史自然資料館及び(仮称)地域物産館の建設工事を進めております。
この公園を市の新たな賑わいの拠点とするため、映像コンテンツの上映や展覧会の開催、地場産農産物の販売など、大人も子どもも楽しめる場の提供等について検討を行なっております。
市民の憩いの場であるグリーンセンターが、本年、開園50周年を迎えますことから、開園した月である11月に記念事業を実施することといたしました。
シャトー赤柴において記念式典を開催するほか、市民の皆さんに楽しんでいただけるさまざまな事業を実施して参ります。
続きまして、「選ばれるまちの実現」についてであります。
本市では、喫緊の課題である待機児童の解消に積極的に取り組み、この度、認可保育所及び小規模保育事業所を20ヵ所整備し、受入枠を合計で1,013人拡大することができました。また、保育人材の確保も重要でありますことから、「保育士宿舎借上支援事業」などにも取り組むこととした次第であります。
さらに、子どもの貧困の連鎖を断ち切るため、これまでの「子どもの生活・学習支援事業」を拡充して参ります。
次に、市民の関心が高い「防災・防犯対策への取り組み」でありますが、昨年、熊本地震や鳥取地震などいくつもの自然災害が起こったことから、自然災害に対する備えとして、最新の防災学習コンテンツ等を掲載した防災ハンドブックを作成し、広く市民に配布いたします。
このほか、地域の防犯体制の充実強化のため、引き続き、防犯カメラの設置及び防犯パトロール車両の配備を行なって参ります。
また、危機管理体制及び危機発生前から発生後における対策などを定めた危機管理指針を、本年1月に策定いたしましたことから、私自らが危機管理総括責任者となり、本市の危機管理体制の一層の充実・強化に取り組んで参ります。
本市の医療センターは地域の基幹病院であり、かかりつけ医では対応が困難な患者を積極的に受け入れている高度急性期機能を持つ病院であります。
しかしながら現状では、一次医療である軽症患者の外来診療が多く、二次、三次医療を担うという本来の役割を十分には果たしきれておりません。
こうしたことから、医療センターが地域医療支援病院の承認を受け、一次医療はかかりつけ医が担い、かかるつけ医では対応困難な二次、三次医療の患者を積極的に受け入れる体制を整備する必要があると考えております。
そのため、地域医療支援病院の基準要件を満たすべく鋭意取り組んで参ります。
また、本年4月から新たに心臓外科を開設するとともに、産婦人科においても常勤医を増員するなど、高度な医療に対応できる診療体制の強化を図って参ります。


ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Sekiguchi Kyouko. All Rights Reserved.