関口京子 トップページ   |   最近の活動報告です  |  活動報告バックナンバー

活動報告バックナンバー

2011年11月16日
24年度予算要望書 提出
11月8日(火)、「24年度予算要望書」を岡村市長に提出しました。
大項目14(施策の柱)、小項目約200(要望事項)となります。
市議団として市民要望を聴取しながら討議を重ね、多様な住民ニーズを的確に捉えた予算
編成を最小の経費で最大の効果を得られるように、市民生活の向上と市政の発展を願って
要望書を完成させました。
   1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
徹底した行財政改革の推進
災害対策の強化
防犯対策・交通安全対策の強化
子育て支援の充実
高齢者・障害者福祉施策の充実
安心を提供する医療・介護体制の充実
市民サービスの充実で住みよいまちづくり
   8.
 9.
10.
11.
12.
13.
14.
文化・芸術・スポーツ振興で賑わいのある豊かなまちづくり
教育改革の推進
人権擁護と生命尊重のまちづくり
不況対策・中小企業振興策・雇用対策等の推進
都市基盤整備の推進
斎場建設
地球高温化対策の推進
2011年10月28日
安心安全が最優先
季節の巡るのは早いもので、あっと言う間に秋が深まってきました。しかし、東日本大震災が起きて以降の被災者に対する政府の対応は決して早いものではありませんでした。
むしろ、もっと与党民主党は国の責任者としての自覚を持ち、強力なリーダーシップを発揮してあらゆる問題に同時平行で迅速な対応をしなくてはなりません。
今回の震災が1000年に1度の未曾有の災害であるならば、今までの経験則の1000倍の力を集結する決意で、国内外の英知を結集し、1日も早く国民の生命と財産を守り、安心・安全な生活を取り戻すことができる様にするべき、と強く訴えるものであります。
翻って川口市に於いても、私自身「市民のおひとりおひとりが大切」との原点に戻り、市民の安心・安全を最優先政策としてしっかりと働いて参る決意でございます。
議会活動
・7/29 監査委員として月例定期監査を行いました。
毎月、市の大切なチェック機関として緊張して仕事をさせて頂いております。
・7/8 第1回 「男女共同参画審議会」の審議に参加(委嘱及び研修)
・8/2 第2回 「男女共同参画審議会」の内容について審議
地域実績

 左から1枚目

木曽呂23-4附近 道路補修
 左から2枚目 戸塚4-10附近 カーブミラー設置
 左から3枚目 差間1-18附近 橋の柵を見通しの
          良いものに取替
 下の左側 西立野432附近 街灯の設置
 下の右側 差間1-14附近 カーブミラー設置

2011年7月28日
宮城県石巻市 訪問
統一地方選終了後の5月10日(火)、公明党市議団の一員として宮城県石巻市の被災地をお見舞いのため、訪問させて頂きました。被災者の皆様の一日も早い心の復興が、第一義に必要なことと痛感致しました。
この度の大震災は、未曾有の国難ととらえた時、私達被災していない人々のやれる事は地元に於いても様々な形があり、一人一人の思いは必ず今後の国の復興にもつながっていくものと考えます。そういう意味に於いて、私達も今この時少し時間をかけてこれまでの暮らし方、これからの地域に於ける支え合いのあり方等をよく思索・検討する必要があると思います。
又、5月22日(日)には、埼玉県で受け入れをしている福島県双葉町(加須市旧騎西高校在住)の福島第一原発事故の避難者の方をお見舞いしました。その際、聞き取った内容の中で最も強く感じたのは、埼玉県内全域にいる原発事故避難の児童・生徒が、心ない風評により“いじめ”の対象になっていて、大変悔しい思いをしているとの訴えでした。私達県内はもとより、川口市内に於いても絶対に今後、その様な悲しい思いをする児童・生徒が出ないよう、教育委員会に指導徹底の申し入れをしております。又、私達大人の意識もしっかりとした正しい知識のもとになければならないと思います。
今後とも、川口市議会の中に於いて支援が出来ること、又“新しい住み良い川口の実現”に向かって頑張って参ります。

左から1枚目 :

H23,510  宮城県石巻市内にて
左から2枚目 : H23,5,22 撮影旧騎西高校
左から3枚目 : 川口市民と双葉町の方と第一体育館にて
右側の下段   : H23,5,22

2011年5月19日
市長へ緊急要望書を提出
東日本大震災の被害状況から、自然災害に対する脅威を改めて認識し、震災対策の重要性を求められております。
同時に、更なる住みよい川口市の実現を望む市民の声を受け5月17日、岡村市長へ「安心・安全な住みよいまちづくりを求める緊急要望書」を提出しました。
【災害対策の強化】
 ・川口市の液状化防止対策等

   防災計画の見直し
 ・防災無線の整備
 ・災害時の情報通信対策
 ・避難所の再点検と鍵の管理や
   備品の見直し
 ・本庁舎の建て替え
  (防災対策本部の機能充実)
 ・耐震診断・耐震補強の助成金の拡大
 ・集中豪雨対策
  (雨水貯留管の設置・河川整備)
 ・被災者生活再建支援法の円滑運用
【子育て支援施策の充実】
 ・子ども医療費通院分の

   中学校3年生までの無料化
 ・保育所待機児童の解消
 ・学童交通指導員の存続
【福祉施策の充実】
 ・赤山歴史自然公園等の早期実現

 ・障がい児の学童保育
  (放課後の居場所)の拡充
 ・単身高齢者世帯の見守り体制の強化
 ・市営納骨堂の拡充
  (合葬式納骨堂の設置)
 ・国民健康保険制度の県への一元化
【住みよいまちづくりの推進】
 ・川口駅(中距離電車の停車等)の整備

 ・西川口駅周辺に運転免許センターの設置
 ・ミニバスの導入でルート拡充
  (利便性の向上)
 ・自転車専用レーンの設置拡充
 ・公共下水道未整備地域に早期敷設
 ・区画整理事業の更なる推進
2011年3月25日
川口市の水道水の報道発表について
東日本大震災による福島第一原発の影響から、市内4ヶ所の浄水場のうち新郷浄水場で22日に採取した水道水に、放射性ヨウ素が食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値の100ベクレル/キログラムを超過する120ベクレル/キログラムの濃度が測定されたことから、「安全・安心な水道水の供給を求める緊急要望書」を岡村川口市長に提出しました。
<岡村市長に要望した内容>
  1.毎日、浄水場の検査をし、放射性ヨウ素の測定値を公表すること。
  2.測定値が、食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値を超えた場合
    即座に公表し、乳児がいる家庭を優先に、対策を講じること。
  3.非常事態に備え、今後考えられる様々な対策を速やかに講じること。
2011年2月10日
川口市・鳩ヶ谷市 合併調印式
1月28日(金)午後4時から、「川口市・鳩ヶ谷市合併協定調印式」が川口駅前フレンディアにて行われました。
合併の期日も、本年10月11日と2市の法定合併協議会で決定いたしました。
調印式では
これまでの経過報告 や協定書の概要説明があり
岡村川口市長と木下鳩ヶ谷市長が49項目の協定が記載された合併協定書に署名・押印を行いました。
2011年1月10日
川口市新春交礼会
1月6日(木)リリアのメインホールにおいて、川口市恒例の新春行事「新春交礼会」が盛大に開催されました。
子供たちの琴の演奏、芝東中学校吹奏学部の演奏、木遣りや初午太鼓の披露、そして川口市民族無形文化財「安行藤八の獅子舞」の披露が行われました。
岡村市長の新春の挨拶に「混迷する社会情勢の中で、兎年の本年は着実に一つひとつの課題を克服し飛躍の年にしてまいりたい」とありました。

ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Sekiguchi Kyouko. All Rights Reserved.