関口京子 トップページ   |   最近の活動報告です  |  活動報告バックナンバー

活動報告バックナンバー

2013年11月10日
平成26年度 「川口」ナンバーが誕生します


▲ 「川口」ナンバーのイメージ


▲ 川口市マスコット
 「きゅらぽん」

国土交通省での審議会を経て、8月2日に新たなご当地ナンバーに「川口」を導入することが同省から発表されました。
「川口」ナンバーの交付開始日(平成26年度中)は、国土交通省から発表されます。
「川口」ナンバーの対象自動車
「川口」ナンバーの対象は、市内に住所や事業所を有する方が所有する自動車(軽自動車および排気量125ccを超える二輪車も含む)で、交付開始後、新規登録や移転・変更登録により新たにナンバープレートを取得する場合になります。
なお、その際「大宮」ナンバーを選択することはできません。
「大宮」ナンバーからの交換
現在所有する自動車については、ナンバーを交換する必要はありませんが、希望する方は「川口」ナンバーに交換することができます。
  【問い合わせ】 政策審議室 048-259-1367
  ※ 広報かわぐち2013年9月号より転載
  
※ 手続き ・費用 ・Q&A等の詳細は 、市ホームページでご確認頂けます
2013年10月26日
今年は夏も大変厳しい暑さが続きましたが、10月に入っても例年にない気温の高さを
記録する等、気候に対する不安な事が続きました。
幸い今の所、私達の住む川口市に於いては、大きな災害に見舞われる事もなく、平穏に暮らせている事に感謝の念を強くしております。
しかし、どんな事が起きても大丈夫な様に日頃の備えは大切な事です。
今年も各地に於いて防災訓練が行われ、私も副議長として市長、議長と共に参加させて頂きました。
今後とも市民の要望に丁寧に身を傾け、実現に向かって頑張って参る所存でございます。
 

副議長の活動
写真:右1枚目 9月1日 鳩ヶ谷地域9ヶ所の小中学校に於ける防災訓練を巡回視察しました
写真:右2枚目 初めて9月議会一般質問2日目に議長席にて議事を進行しました
地域の活動  
写真:右3枚目 10月5日 戸塚北小学校「地域ふれあいフェスタ」にて、見事な金管バンドの演奏を鑑賞しました
写真:下段左 街灯を設置することができました
(戸塚3-25-33付近)
写真:下段右 カーブミラーを2ヶ所に設置することができました(東川口5-15付近)

2013年10月20日
平成26年度予算要望
10月15日(火)川口市役所において、26年度予算要望を岡村市長に提出いたしました。
市民の皆様からいただいたご意見やご要望をもとに作成した予算要望の主な内容は以下の通りです。
市営火葬場の早期建設 待機児童問題の解決
子ども医療費無料化の完納要件の見直し
特定規模電気事業者(PPS)の公共施設導入
市営住宅に高齢者ルームシェアの導入
2013年7月10日
平成25年度 新規及び主要な事業の概要(抜粋)
25年度川口市の主な事業の抜粋をご報告いたします。
【地域防災計画改訂事業】 予算 22,418千円
平成24年度に実施した防災アセスメントを基に、平成18年度に作成した地域防災計画を全面的に改訂するもの
【地域防災ハザードマップ作成事業】 予算 19,559万円
平成24年度に実施した防災アセスメントを基に、新たな自信防災ハザードマップを作成し、地震防災対策のより一層の推進を図るもの
【パスポートセンター移転事業】 予算 45,000千円
西川口駅周辺の活性化を図るため、パスポートセンターを移転するもの
【戸塚環境センター破砕機棟耐震診断事業】 予算 3,234千円
旧耐震基準に基づき建設された戸塚環境センター破砕機棟の耐震診断を行うもの
【戸塚環境センター東棟耐震診断事業】 予算 10,679千円
旧耐震基準に基づき建設された戸塚環境センター東棟の耐震診断を行うもの
【地球高温化防止活動推進センター補助事業】 予算 9,276千円
地球高温化対策に関する普及啓発を行うこと等により、地球高温化の防止に寄与する活動の促進を図ることを目的とする特定非営利活動法人等を、地域地球高温化防止活動推進センターとして指定し、その運営費及び事業費を補助するもの
【川口緑化センター施設整備費】 予算 12,177千円
「かわぐちグリーン・エナジー戦略」に位置づけられた、次世代自動車の普及促進の一環として、道の駅「川口・あんぎょう」に電気自動車急速充電器を設置するもの
【川口農業塾開催事業】 予算 1,692千円
新規就農希望者を対象に農業技術指導員による営農実践研修を行い、将来就農・就業を目指す人材の育成を図るため、「川口農業塾」を開催するもの
【北原台地区雨水幹線整備事業】 予算 31,000千円
本市から、さいたま市大門第二特定土地区画整理事業地内へ雨水が流出するため、流域割合に基づき、雨水幹線整備事業にかかる工事費を負担するもの
【コミュニティバス運行事業】 予算 193,039千円
高齢者等の市内の交通手段確保の為、市内公共施設等を循環するバスを運行するもの
@みんななかまバス(3路線) Aミニは〜と(2路線)
※平成25年12月から新路線で運行予定
【歴史自然公園整備事業】 予算 1,389,003千円
自然環境や歴史文化遺産を活用した、地域の振興や都市農業の活性化にも資する公園を整備するもの
【小学校トイレ洋式化改修事業】 予算 34,683千円
小学校内のトイレ洋式化工事を行うもの (対象校:芝南小学校ほか3校 )
【市制施行80周年記念展覧会事業】 予算 3,713千円
市制施行80周年を記念して展覧会を開催するもの
【青木町公園総合運動場野球場 人工芝改修事業】 予算 54,500千円
青木町公園総合運動場野球場の内野部分の人工芝改修工事を行うもの
【後発医薬品利用促進事業】 予算 868千円
医療費の適正化を図るため、生活習慣病関連の先発医薬品利用者に対し、後発医薬品(ジェネリック医薬品)への切り替えを促す通知を送付するもの
2013年6月22日
(仮称)赤山歴史自然公園 及び (仮称)川口市火葬施設について
【概要】
昨年3月に都市計画決定をし首都高速道路(株)との事業連携を踏まえ、仮称・赤山歴史自然公園、仮称・川口市火葬施設の基本設計が完了しました。概算事業費は約170億円を見込んでおり、早期完成を目指し、用地取得、実施設計、整備工事などを進めてまいります。
【火葬施設の諸室構成】
火葬施設の諸室構成につきましては、メインエントランス・サブエントランス出入口)、告別・収骨室(7室)、火葬炉設備(10基)、待合室(10室、最大利用13室)、事務室、売店、トイレ等を設ける予定です。
2013年5月20日
平成25年度当初予算について
平成25年度当初予算は、一般会計1,727億3千万円で、対前年比で0.5%増となります。
歳入は、法人市民税を収納実績などにより7.6%増、市たばこ税を県からの税源移譲により
21.8%増等、市税全体で2.2%増を見込んでおり、財源不足を補うため財政調整基金からの
繰入を76億8千万円としました。
歳出は、障害者自立支援給付費等、扶助費を中心とした民生費が約31億円・4.4%増加、
また金山町12番地区第一種市街地再開発事業等により土木費が約16億円・7.3%増加
しています。
依然として厳しい税制状況ではありますが、引き続き、安全・安心・市民生活の安定などを
念頭に以下の点に重点をおいて各予算を編成しております。
 < 項 目 >

 < 予算額 >

 
1.安全・安心 3,033,010千円  
2.市民生活の安定 24,970,023千円  
3.子育て支援の充実 17,127,790千円  
4.均衝ある地域整備 15,275,746千円  
5.産業の振興 558,976千円  
6..持続可能な地域社会 368,257千円  
7.その他    
2013年4月10日
国交大臣と総務大臣に要望書を提出
4月3日、国会議事堂内において、「JR川口駅に湘南新宿ラインの停車を求める要望書」を
太田国土交通大臣と新藤総務大臣に提出いたしました。

  ▲ 太田国土交通大臣   ▲ 新藤総務大臣  
2013年3月20日
今年は冬の寒さが厳しかった分、春の訪れが一段と嬉しく感じられる今日この頃です。
地域の皆様に於かれましては、健やかにお過ごしでしょうか。
インフルエンザの季節は、ピークを過ぎましたが、予防接種を受けていない20代〜40代の方を中心に風疹の患者が増加し、妊婦などへの影響が懸念されて います。該当の方は早めの対応で予防してほしいと思います。
また中国から飛来する大気汚染粒子PM2.5の健康被害も心配事です。様々の状況にも正しい情報をキャッチして、健康な日々を送って頂きたいと念願しております。
 

コミュニティバス 再編路線図

クリックすると拡大表示します
 

さて、かねてより、私たち公明党市議団が地域の皆様のご要望を、一般質問を通し、またあるときは直接の交渉をしたりと粘り強く市へ働きかけを行った結果、平成25年4月からのコミニティバスの再編に当たり、今までの3ルートから7ルートへの拡充、及び地域住民の皆様からあがっていた様々なご要望を組み込んでの新編成が出来ました。
今後とも地域の皆様が安心して暮らせる、街づくりを強く推進して参ります。
 
「平沼ふれあい公園」へ時計の設置を実現  
かねてよりこの地域の子育て中の方々からの強い要望があり、平沼ふれあい公園に時計を設置しました。
「子どもが時計を見て帰って来られるようになったので嬉しい」とのお声を頂きました。
 
2013年3月4日
新年度予算要望に対する回答書を市長から受領
昨年10月10日、岡村川口市長に対して提出した「平成25年度予算要望書」を受けて、市の執行部より施策の反映等に関する回答書を受け取りました。
新年度に実施される主な施策として、公明党市議団が強く主張したコミュニティバス「みんななかまバス」のルート拡充(H25年10月)や、子宮頸がんワクチン・ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン の3つが従来の助成事業から定期接種化(H25年4月 )、災害時には学校が避難所となることから学校のトイレ洋式化(和式トイレも1つは残す)の工事を順次進めて参ります。
2013年1月15日
川口市新春交礼会
 1月6日(日)、新年の行事として恒例となっている川口市新春交礼会が川口総合文化センターリリア・メインールにて盛大に行われました。
吹奏楽・木遣り・合唱と祝い事の後にロンドン五輪トランポリン5位入賞の上山容弘選手(川口市在住)が挨拶を行い、式典では岡村市長、児玉会頭、新藤総務大臣が挨拶を行いました。

ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2007 Sekiguchi Kyouko. All Rights Reserved.